よもぎ蒸し

  • HOME
  • よもぎ蒸し

よもぎ蒸し

韓国で数百年の歴史があるといわれるよもぎ蒸し。
その始まりは産後によもぎ蒸しをすると『産後の肥立ちが良い』ということで各家庭で行われていたもの。その後、現代社会の状況から婦人科疾患によもぎ蒸しと言われだしました。

よもぎ蒸しとは、よもぎを煎じて下半身を蒸す、韓国に伝わる民間療法です。
スチーム効果とよもぎの薬効成分により、血行促進、陰部を直接温めることから特に婦人病に良いと言われています。
体を芯から温め、生理痛、手足の冷え、更年期障害、痔、便秘の改善が期待されます。

骨盤内の血流を良くして体を芯から温める

冷え性で手足が冷たくて・・・という悩みは多いです。
それは体の芯=内臓器官が冷えていて、手足末端まで血液が巡らないためなかなか温まらないのです。
そこで、手足ではなく体の内側を中心に温めることで、末端への血流を促進します。
よもぎ蒸しにより子宮をはじめ内臓器官を温めましょう。

デトックス、発汗作用

体によいものを吸収すること、そしてそれ以上に体に溜まった毒素を排出することは重要です。
よもぎ蒸しをすることで大量発汗し、汗とともに体内にたまった毒素をたくさん排出しましょう。
終わったあとはスッキリ爽快!心地よい疲労感でこのまま寝てしまいたいと思うでしょう。

経皮的吸収、粘膜吸収

人間の体は口から(経口的)より皮膚から(経皮的)も、実にたくさんのものを吸収しています。 中でも内臓と直結する粘膜は最も吸収率が良い部分です。
よもぎ蒸しでは、子宮にダイレクトにつながる膣粘膜に漢方エキス入りの蒸気をスチームするため婦人科疾患、妊娠、産後にはもってこいです。全女性にオススメです。

よもぎの効果

大昔から民間でも利用される薬草の効果。特によもぎは芳香療法・血行促進・殺菌浄化などに優れています。なんといっても大昔から人々が行っていたお灸のもぐさもよもぎなんですよ!
よもぎ蒸しではよもぎの他にも漢方生薬を配合し、より有効な成分が蒸気に含まれています。

こんな方に効果があります

冷え性、肩こり、便秘などのお悩みのある方

多くの不定愁訴は冷えと、血のめぐりの悪さが影響しています。体を温め血液を巡らせてあげることで緩和される症状はたくさんあります。よもぎ蒸しをすることで、その時の発汗だけでなく、日々の体温、代謝量が上がり汗をかきやすい体になります。よもぎ蒸しをする度に確実に体は変化します。

子宮に不安を抱えている方

初めてよもぎ蒸しをする方の動機として、実は「子宮筋腫や内膜症があるから、その対策として」と言う方は多いです。 よもぎ蒸しは下半身を直接温め蒸気でスチームするため、膣粘膜から吸収された漢方成分が効果的に作用するものです。子宮症状をお持ちの方は試してみる価値はあります!

毎回の生理や生理痛に悩んでいる方

よもぎ蒸しを実際に体験した多くの女性の間で、生理前後に体の変化が起きています。 生理痛や生理周期の乱れなど、確実に何らかの改善が見られます。 毎回の生理がよもぎ蒸しの効果の指標とも言えるかもしれません。生理がどのように変わるか実際にお試しください。

妊活されている方

妊娠にとって重要な事は骨盤内血流の改善とリラックスすることです。
骨盤内の血流を上げる、つまりは酸素たっぷりの新鮮な血液を巡らせることなくして良い卵は育ちません。そしてストレスも足を引っ張る以外に良いことはありません。 体が弱すぎる方を除いて、女性の体にとってよもぎ蒸しをすることに悪いことはありません。発汗することはストレス発散にもつながります。

ただいま妊娠中の方

妊娠中の体調管理によもぎ蒸しが活用できます。
安定期に入ってからいけるみたいです。
妊娠中の冷え、むくみ、足の付け根の痛みなどから、逆子、予定日前の子宮の熟化に、多くの妊婦さんがよもぎ蒸しを利用されます。ただし気になる方はお医者様にご確認ください。

料金1時間3,500円
40分よもぎ蒸しに座っていただきます。残りの時間でお着替えなどをしてください。
よもぎの成分が体にいいので成分が残ったままタオルで汗などを拭きとって帰っていただきます。